堅蟹(かたがに)とはカニ通販共通の成長過程のこと

漁港より水揚げされてきた蟹(かに)で成長過程において一番美味しい時期ってご存じですか?それは脱皮直前の身がパンパンになっている成長MAXの状態の蟹の事で堅蟹(かたがに)といいます。

甲殻類のカニは脱皮する

甲殻類のカニはどんな種類でも脱皮します。足が折れた状態でも脱皮すると元通りになるってご存じですか?

カニは脱皮を繰り返し復元と成長を遂げていくのです。

なぜ脱皮するのか?

カニは硬い鎧の甲殻に覆われています。普段この鎧が天敵からの攻撃を守っています。

だから、この硬い鎧は伸び縮みしません。

しかし、中身はどんどん成長していくので、硬い甲殻の中でパンパンになっていき、もう、はちきれんばかりにパンパンに・・・

だから、脱ぎ捨てるしかなくなるのです。

どうやって脱皮するの?

カニは不思議なことに、身の質量はそのままの状態で溶かすようにグニャグニャになるのです。

その状態で硬い鎧の隙間から抜け出します。

なんだか妖怪人間みたいですね ψ(`∇´)ψ

だから、この状態のカニは美味しくないのです。

逆に、パンパンに身が張っている状態、脱皮直前の堅蟹(かたがに)が美味しいと言われています。

堅蟹(かたがに)の見分け方

硬い鎧を手で押してみると硬さでわかるそうですが、お店の売り物なので絶対にしないしょうにしてください。

では、見た目での判断となりますが、カニの鎧の部分にフジツボなどの着生生物が多く付着しているものが堅蟹(かたがに)である一つの目安だそうです。

おわりに

いかがでしたか?蟹鍋とかして大きいのを選んで、一生懸命にカニの鎧を剥いで身を取り出した時、あれ〜身がスカスカってことはないですか? 今回はそんな残念な思いをしないように、堅蟹(かたがに)というワードをカニ選びの際に、一つの目安になることをご案内しました。でも、おすすめはカニ通販で有名な案内サイトで購入すると間違いないです。